加齢とともに夜のトラブルは多くなる。。。そんな40代、50代の男にとって精力剤は気になる存在。このサイトでは実際に精力剤を使って勃起・中折れに効果があるのか実証・検証していくサイトです。

https---www.pakutaso

年齢とともに現れる夜の悩み

加齢とともに男性の勃起力は衰えていきます。ED(勃起不全)は更年期障害(年齢によって体が変化すること)1つと言われています。
そのほかにも、更年期障害の症状は色々とありますが、当サイトでは男性更年期障害の中でも勃起・精力について詳しく掘り下げていきます。
そもそも、加齢ともに勃起力が低下していくのは自然といえば自然です。人間は歳をとるごとに内臓機能が低下していくものなので、40代・50代になっても思春期と同じような内臓機能を保っている男性など存在したいと思います。

勃起や精力といった悩みは内臓機能の中でも生殖器官(睾丸など)の機能低下によって起こりうると言われています。上記で説明したとおり、器官の
機能が低下することはしょうがいないことです。だから、ある程度の勃起力の低下や精力の減退は歳をとれば起こりうることなのです。

しかし、こういった生殖器官の機能は人間の生活習慣や健康体によって変わってきます。だから、同じ年齢の男性でもそれほど勃起・精力について問題はないという人も存在します。こういった老化現象には個人差がありますが、生活習慣によって大きくことなるともいえます。生活習慣や遺伝も含めて個人差があると思っておいた方がいいでしょう。

歳をとると勃起が低下してしまう理由

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_meganekuuu20140531-thumb-1000xauto-17522

勃起が低下してしまう理由には血流と男性ホルモンの問題があると言われています。男性の勃起は血液がペニスに集中することで、硬くなりますが、血流の 問題が体でおこっていた場合は、必然的に勃起がしにくいということになります。人間の血流問題は脳梗塞・心筋梗塞など命に関わるトラブルもありますが、 それほど重症化しなくても、勃起力の低下などの症状が起きてしまうのです。

だから、脳梗塞や心筋梗塞などがないからといって血流に問題がない!というわけではないのです。命に関わるほどの血流問題はなくても、加齢によって少しの 血流問題があれば勃起がしにくくなり、勃起力が低下することは当然ありえるのです。

また、血流問題だけではなく、男性の老化現象として男性ホルモンの低下があります。実際には20代をピークに男性ホルモンの分泌量は歳とともに減っていきます。
40代や50代になるとその分泌量がかなり減ってしまうために、色々な更年期障害の症状が現れると言われています。その一つに勃起・精力の低下があるわけなのですが、男性ホルモンの低下は精力と密接な関係にあります。

男性ホルモンが少ない=精力低下という流れになります。精力が低下すると興奮が少なくなったり、体が疲れやすく(疲れも取れにくくなる)ので勃起にも大きく 影響してしまうのです。すべては男性ホルモンの低下によって勃起・精力の悩みが現れると言ってもいいでしょう。

精神的な問題も勃起に大きく影響する

勃起をつかさどる神経は自律神経です。通常、男性が勃起しているときは自律神経の副交感神経が優位になっています。(射精時になると交感神経が優位になります。)しかし、精神的に問題がある場合、(不安を抱えていたり、緊張していたり)は交感神経が優位になっていることがあるので、勃起がしずらい状態になって しまいます。こういった状態ではかりに勃起をしたとしても、すぐに通常の状態に戻ってしまいます。

体の衰え・老化現象が勃起・精力の一般的な悩みではありますが、精神的な問題からくる場合もあるのです。特に若い年代(20代・30代)の男性で勃起・精力の低下が著しい場合は、精神的な問題が大きく影響していると考えた方がいいでしょう。20代や30代で更年期障害が現れるほど、内臓機能や体が老化するのは考えにくい ですからね!

もしくは、違った病気のせいで勃起・精力減退と言った問題が発生している場合もあります。糖尿病などは男性の勃起不全の原因になるとも言われています。だから健康状態であった場合のみ、精神的な問題で勃起力が低下しているということです。

中折れについて

EDは勃起不全といわれており、勃起の問題により性行為が成立しない状態のことをいいます。よく聞く勃起の問題で「中折れ」という言葉がありますが、これも厳密に いえば勃起不全(ED)の1つです。しかし、中折れの場合は疲労・お酒の飲み過ぎ・少しの精神的な問題などで起こりうるので、EDと言っても中折れは軽い症状だとおもっもいいでしょう。

お酒の飲み過ぎで中折れしてしまった・・・なんていう話はざらにありますし。そういった人は次の機会は中折れせずにちゃんと性行為がでる場合がほとんどです。中には 中折れがEDの初期症状という場合もあります。

EDは突如、勃起するのが難しくなるわけじゃなくて、徐々に進行していきます。だから、中年男性ではほとんどの人が経験がある症状といってもいいでしょう。しかし、それは加齢によって男性ホルモンが低下したり、血流が悪くなっていたり、生殖機能が低下していたりというサインにもなるので、万全の状態で中折れしてしまった中年男性は少しEDのことを気にした方がいいでしょう。

登録されている記事はございません。

精力剤で中折れ・勃起は解決する

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-green_senzutaberu20141024221621-thumb-1000xauto-17683

中折れや勃起不全などは加齢によって起こるものがほとんどです。(特に中年男性の場合は!!)そんな男性にとって一番初めに思いつくのが精力剤だと思います。精力剤で精力アップ・勃起力アップといった効果は期待できますし、多くの中年男性が精力剤で勃起の悩み中折れの悩みが解決しています。

しかし、精力剤といっても商品によって種類がありますし、その効果効能は全く違います。多くの人が評価している精力剤でも自分には全く効果がなかった・・・なんていう 話も精力剤の業界ではよくある話です。

また、多くの中年男性が勘違いしていますが、ED治療薬と精力剤は全く別物です。ED治療薬はバイアグラなど医療で使われる医薬品でED患者に処方される薬です。しかし、ED治療薬は中折れ・勃起を一時的に解消させるだけであり、薬の効果がきれれば元通りになります。そういった意味で、効果の質・内容がED治療薬と精力剤では全く異なるのです。

精力剤の中にバイアグラという種類がある!という風に勘違いしている人は多く、ED治療薬と精力剤は全く別物だと覚えておきましょう。そして、ED治療薬の中にバイアグラ、レビトラ、シアリスといった種類の薬があります。

一方で、精力剤はあるいみ健康食品になります。男性の生殖器官に栄養を与える事によって、勃起や精力を促して、勃起の悩みや中折れなどを解決させるものです。あくまでも健康食品であり、精力剤は医薬品ではありません。なので、効果も人によって違いますし、人によっては全く効果が違うとも言われています。

医薬品ではないので、ネット通販や薬局などでも販売されており、気軽に使うことができますが、専門店などでしっかりと栄養が含まれている商品の方が比較的に効果が高いと言われています。また、これも中年男性がよく勘違いしていますが、精力剤は「飲んですぐ効く」ものではありません。もちろん、これも人によって効果の表れ方やスピードは異なりますが、ED治療薬のように早い効果は期待できないと思っていたほうがいいでしょう。

精力剤の中でも滋養強壮剤や精力サプリなどは数か月間服用して衰えた生殖器官に栄養を与える!というコンセプトのものがほとんどです。最近の健康意識の向上もあって、こういった滋養強壮剤・サプリのようにゆっくり効果が現れるものが主流になっています。反対に漢方系の精力剤も存在しています。

人によって効果が異なる!というのは、精力剤の種類も豊富で、含まれている栄養素も異なるからだと管理人は思っています。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし