加齢とともに夜のトラブル(夜トラ)は多くなる…そんな40代、50代の男にとって中折や勃起障害(ED)は苦痛な存在。夜トラでは管理人の実体験をもとにして勃起・中折れに効果的な方法を実証・検証していく。

中年に最善の中折れ対策

中折れというフレーズを聞くだけで、なんだか胸がジーンとくる年頃、、、それが中年です。

全く勃起しないとまではいかないけど、「行為の途中で力尽きてしまう・・・」っていう経験は中年の男にもなれば何度かあるのではないでしょうか?

中折れは厄年(41歳前後)を境に増える傾向が高く、半分以上の人が経験もしくは中折れで悩まされているんです。これはオカルトな話じゃなくて、データとしてきちんと報告されているんですよ。

2009年にバイアグラで有名な製薬会社のファイザーが成人男性7710人に行った調査によれば、40代で6割、50代で7割、さらに年齢が上がって70代になるとその8割が、“中折れ”。

中折れについて|院長コラム【浜松町第一クリニック】

40歳を以降は中折れで悩まされる人はどんどん増えていくってことです。1度や2度、たまに中折れするくらいであれば、悩みではありませんから、これらのデータは頻繁に中折れしてしまい、行為自体が成立していないことを意味しています。

そんな中年以降からぐんとリスクが上がる中折、、、そんな中年世代に最善の中折れ対策を紹介したいと思います。

その日にできる方法から、長期的に良い方法までいくつかピックアップするので、ぜひ中折れに悩んでいる中年男は参考にしてください。

ED治療薬で中折れ対策

edtiryouyaku

これが手っ取り早く一番効果的な方法です。中折れ程度のED症状であればバイアグラなどのED治療薬が効果抜群と言ってもいいでしょう。

ED治療薬は勃起が解除してまう原因であるPDE5を阻害する効果があるので、中折れにはとても有効的なアイテムだと思ってください。むしろ、現時点で一番信頼されているのがED治療薬なんです。(使用者も全世界で多いですからね。)

精力剤にはいくつか種類があるので、「中折れや勃起障害に有効的な精力剤の種類とその特徴」で確認しておきましょう。

また、ED治療薬にはいくつかの障害があります。

まず、副作用の問題。。。中折れで悩む中年の中にはED治療薬を使ってみたが、副作用があるので避けているったいうパターンが多くあります。また、我慢できるほどの副作用だったけど、そのせいで行為自体を楽しめいという声もあります。

もう一つの障害が、手に入れるまでの面倒さ。

正直言って中折れの年頃になろうが、アソコが勃たない・・・という理由で病院に行って、ED治療薬を処方してもらうのって何だか情けなくて、病院に行く事自体が億劫うになってしまいます。

今ではネット通販(個人輸入)などで気軽に購入できますが、本物のED治療薬なのか怪しいところです。また、日本では処方箋なしにしか手に入らない薬を個人輸入とはいえ販売することは法律的にアウトみたいです。

caution01_il02

インターネット流通の55.4%(日本:43.6%、タイ:67.8%)が偽造品でした。偽造品の品質にはばらつきがみられ、医薬品成分の含有量が承認されている用量より多い・少ないだけではなく、全く含有していないもの、他の成分、複数の不純物が含まれるものがありました。

引用:バイアグラ|個人輸入の危険性|ファイザー

安易に買えますが、偽物を服用した際のリスク、犯罪に手を貸しているということを考えると、やはり病院で正式なルートで手に入れるのが一番です。しかし、そうなると実際に使うまでの障害は大きくなります。

中折れには効果抜群だけど、手に入れるまでは面倒くさいのがバイアグラです。人よっては病院で処方されても全然平気という場合もあると思います。そういった人はお得ですね。

また、副作用の関係から持病がある人はドクターストップがかけられる場合があります。特に循環器系の疾患を患っている人は医師から処方されないこともあります。

ED治療薬で中折れを解決する際は、行為に制限があることも覚えておきましょう。お酒を飲んだ後は服用してはダメ、食前に飲み胃を空の状態にしておくこと!など、ED治療薬の効果や副作用に関する決まり事があるので、行為をするためにその前の生活が制限されるんです。

ED治療薬のリスクや面倒くさいところを多く紹介しましたが、これだけ弊害があるにも関わらず、日本だけでみても中折れや勃起で悩んでいる人はED治療薬に頼っているのが現実です。それが意味することはED治療薬のリスクや面倒をひっくるめても、その効果が抜群だということです。

十分な睡眠で中折れ対策

suiminn

中年にもなると、不眠症や睡眠の質が低下、ライフスタイルからどうしても睡眠時間が短くなっている人が多くいます。そういった十分に睡眠がとれていない場合は中折れになりやすいということを覚えておきましょう。

まず、中折れには精神的な面が大きく関係しています。

例えば、「今日は中折れしないぞ!」と思えばそれがプレッシャーとなりますます中折れを加速させてしまったり、ストレスのせいで行為に集中できず興奮がイマイチで中折れしてしまったり、こういった精神的な面が理由で中折れを経験する人は少なくないんです。

これは当然のことで、勃起の仕組みから精神面に問題が生じると勃起がうまくいかないようになっているんです。

性行為中の焦り、緊張、不安といった感情は中折れを斡旋させているんです。これが精神面から生じる中折れの正体です。

しかし、こういった精神面と睡眠がどんな関係があるのか?と疑問に思うところですね。しかし、睡眠と精神面は深く関わっているんです。

人間が生きる中で唯一ストレスを感じていない時こそが睡眠中です。それ以外は大なり小なりストレスを感じて人間は生きていて、そのせいで精神的にダメージをウケているんです。

むしろ、起きている時の精神的ダメージを回復させてくれるのが睡眠だと思ってください。

その睡眠が浅かったり、短かったりすると、ダメージが回復できずどんどん精神的なダメージが蓄積されていってしまうんです。

とにかく寝ましょう!精神も肉体も睡眠によって回復します。中年にもなると精神も肉体もダメージが蓄積されやすいんです。そういった状態から抜け出さないと精神面からくる中折れを解決することは難しいです。

性行為にアクセントをつけて中折れ対策

akusento

人によっては性的の興奮ポイントというのは違います。例えば匂いであったり、明かりであったり、浅い部分からディープな部分までありますね。過度になると性癖みたいなものになりますが、別に性癖自体は悪いものではないと管理人は思っています。

むしろ、性癖を夫婦間やカップルの間で実行することは、性行為を楽しむために重要なことだと思います。問題なのはその性癖で第三者をまきぞいにすることです。

とにかく、性的な興奮を高めるために、自分の性癖や興奮ポイントを抑えて、それを実行することはとても需要なことなんです。

中折れの原因の自己分析で多いのは「性行為に没頭できていない」ということです。要は、何もかも忘れて性的な興奮に没頭できていないことが中折れを誘発しているということです。

勃起を持続させる上で、持続的な興奮は重要なことです。20代の頃だと何も考えずとも勃起が継続していたと思いますが、中年にもなるとそう上手くはいきません。ある程度の興奮を感じていないの勃起を継続させるのは難しいでしょう。

若いころと中年でなぜこれほどまでに勃起の維持が難しくなるのか?というのは、老化による体の衰えというのもありますが、性的興奮のマンネリ化というのも大きなポイントなんです。若いころなんて、多くのことが真新しく感じ、色々な性的興奮を学べる時期なんです。しかし、中年にもなるとある程度、慣れてきてしまい若かりし頃の驚きがすくなくなってしまうんです。

とにかくマンネリ化した性的興奮を性行為にアクセントを付けることによって、燃え上がらせることも中折れ対策としては重要なことなんです。

もちろん、パートナーと話あって決めなければならいですが、そういった話をするだけでも、違った興奮が得られる可能性は高いので実行してみることをオススメしおます。

筋肉を鍛えて中折れ対策

bsBO15103017151030175471

勃起の源は「男性ホルモン(テストステロン)」です。ハッキリ言って勃起にとって男性ホルモンはガソリンのような存在です。

しかし、中年にもなると生殖器官の衰えから、男性ホルモンの分泌量は低下してしまいます。要はガソリンの絶対量が減ってきてしまうんです。ガソリンが底を尽きると動いていた車は停まってしまいますよね?それと同様に男性ホルモンが底を尽きると勃起が続かなくなり中折れになります。(実際はもっと複雑なんですけどね。)

とにかく男性ホルモンは中折れ対策の中では最重要項目と言ってもいいでしょう。

むしろ、中年期に訪れる性的な悩みのほとんどは男性ホルモンの低下が原因でおこり、男性ホルモンの分泌を促進してあげることで解決するほどです。

そんな低下してしまった男性ホルモンを高めるために一番有効な方法が筋肉をつけるということです。これは「勃起力回復の為に見直すべき生活習慣7選」でも紹介していますが、筋肉を鍛えることで、男の体は男性ホルモンを絶対に必要します。

必要とすれば、それに応じた体の機能になり、結果的に男性ホルモンが分泌しやすい体になるんです。

筋肉量と男性ホルモンは比例しているとも言っていいでしょう。しかし、中年になると運動不足なども重なり筋肉は衰えていく一方です。そのため、男性ホルモンは老化で低下していくのに加え、男性ホルモンをあまり必要としない体になっていっているんです。これにより、どんどん男性ホルモンは低下してしまうんです。

スポーツや運動によって筋肉を鍛えたところで、中折れに対して直ぐに効果があるわけではありませんが、長期的に見ると男性ホルモン増加につながるので、プラスはあってもマイナスは絶対にありません。

また、スポーツなどによる精神面のリフレッシュも大きなポイントになります。「十分な睡眠で中折れ対策」で紹介したとおり、精神面は大きく中折れに関係しているので、筋肉を鍛えると同時に精神面もリフレッシュできるスポーツ(運動)は中折れ対策において一石二鳥です。

精力剤を使って中折れ対策

ED治療薬と同じように思えますが、精力剤とED治療薬は別物です。

精力剤と言っても種類が多く、滋養強壮剤やメンズサプリ・滋養サプリなどを総称して精力剤といいます。

強精剤や勃起薬はまた違った位置づけになります。強精剤は男性ホルモンを外部から取り入れる、勃起薬はED治療薬のことを指します。

精力剤は言うならば、健康食品のような位置づけに近いと思ってください。イメーとしては、精がつく食物を凝縮したサプリですね。

精がつく食物というものがあるように、人間の勃起や性欲などは食物だけで変わってきます。しかし、ED治療薬と断固として違うってくるのは即効性の有無になります。ED治療薬の場合は服用して数時間後に効き始めますが、精力剤はある程度の日数飲み続けないと効果はなかなか実感できません。

だから、精力剤を飲めばその日は中折れせずに済むというのは難しいと思っておいていいでしょう。

しかし、精力剤にもメリットはあって、ED治療薬とは異なり精力的な栄養補給によって、中折れをせずに済む身体にじわじわと近づけるということです。ED治療薬は中折れしない魔法の錠剤であって、その効力が切れれば、また中折れをする身体に戻ってしまいます。

 

僕はまだ30代なので”ED治療薬を持っていないと性行為ができない体”は絶対に嫌だったので、初めて精力剤を買う時から滋養サプリを選んでいます。

引用:The GOLD(ザ・ゴールド) | 精力剤を探すなら【夜な夜な薬局】~アナタにぴったりの精力剤を〜

30代や40代のようにまだまだ若い年代で、ED治療薬を常備して性行為に挑むというのは抵抗が大きいみたいです。

確かに、コンドームをいつも持ち歩くのもめんどくさいですからね。気持ちはわからなくもない。しかも、ED治療薬の場合は「薬を持ち歩いている」わけですから、万が一警察に職質されようなことがあれば面倒くさくなりそうですね。

精力剤の場合は根本的に機能を高めるための栄養補給なので、精力剤によって中折れをしない身体まで能力を高めることができれば、ED治療薬を持っていなくてもOKになります。

男性ホルモン(テストステロン)は主に生殖器官によって生産されているわけですが、その器官に栄養が足りていなければ、機能が低下してしまい男性ホルモンの生産量は低下してしまい、中折れへと繋がります。

その生殖器官の栄養補給を担っているのが精力剤になります。

ED治療薬のような即効性や目にわかる効果は精力剤じゃありえないようですが、習慣づけて飲み続けると中折れ程度であれば改善が見込まれる人は多いようです。

中折れ対策としては飲んで見る価値は高そうですね。

関連記事

seikatusyuukann