加齢とともに夜のトラブル(夜トラ)は多くなる…そんな40代、50代の男にとって中折や勃起障害(ED)は苦痛な存在。夜トラでは管理人の実体験をもとにして勃起・中折れに効果的な方法を実証・検証していく。

薬指を引っ張っると勃起力が高まる!

薬指と男性という関係は昔からよく取り沙汰されていますね。

例えば、薬指が人差し指より長い人は、胎児の時に男性ホルモンを浴びた量が多いから、男性ホルモンが高く男性らしい性格・思考で物事を考える。他にも薬指が長い人は男性器も大きいっていう説もあります。(鼻が大きい人も男性器が大きいなんて言う説もありますね。)

それくらい薬指は男性器と縁のある身体の一部なんです。

そして、もう一つ有力なのが、「薬指には勃起中枢を刺激する効果があるので、1日に数分引っ張るだけで勃起力が高まる!」っていう説があります。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、医療的にも推奨されている勃起力回復のリハビリなんですよ!

勃起力の低下は仕事の関係にある。

最近では昔よりもEDや勃起力低下で悩む男性は増えてきていると言われています。とはいっても、昔は統計データやインターネットなどの通信環境が整っていなかったので、勃起に悩みがあっても発言して共有できる状況ではなかったので、正確には実際には勃起で悩む男は多く存在していたけど、その発言を目の当たりにする機会が少なかったからデータに反映されていないと僕は思っています。

しかし、医者の考えでは時代が変わっていくごとに、男の仕事の内容が大きく変化していることが、近年の勃起力低下で悩む男が増えたことに関係しているとのこと。

というのも、時代を追うごとに農業・林業などの第一次産業、80年台にかけて盛んになった製造業などの第2次産業、近年におけるサービス業主体の第三次産業と仕事内容や仕事の形が変わっていることが男の勃起に多大な影響を与えているらしいです。

要は、第一次産業、第二次産業が盛んな時代は、否が応でも体を動かす仕事をしていたのに対して、第三次産業からはデスクワークが主体で椅子に座って頭を使って行う仕事内容が増えたからというのげ原因ということ。

特にパソコンを使って上半身だけを動かし行う仕事は、頭、目、手といったように上半身に血流が盛んになることで、その反動として下半身の血流があまりよくないと言われています。

こういった偏った血流が結果的に全体の血流を低下していると考えている医者が多いようです。

そもそも、男の勃起は男性器の海綿体と呼ばれるスポンジ状の細胞に血液が充血して成り立っています。血流が悪くなるということは、勃起力が低下してしまう直接的な原因になっているみたいですね。

もう一つ理由があって、座っている状態が長くなったり、同じ姿勢を保ち続けることで、腰椎の一番(上から数えて一番目)に格納されている勃起中枢の神経活動が鈍くなったり、活動量自体が低下してしまう可能性があるみたいです。

E0002500MN

確かに、勃起をするには脳から伝わった興奮を男性器まで届けなればいけません。その橋渡しをしてくれているのが、勃起中枢であり、その中にある末梢神経になります。その神経の活動量が低下してしまうのも勃起力低下の直接的な原因だといえるでしょうね。

デスクワークだからこそストレッチが重要

現代人は仕事の質の変化から、勃起力を低下させてしまう生活を余儀なくされています。

そんな事態を解決してくれるのが、適度な運動であったり、腰椎の圧迫をおさえてくれる体操などです。でも、デスクワークなんかで頻繁に立ち上がって運動したり、ストレッチしたりすのは難しいですね。

上司に「何だお前は!」と一括される恐れもあります。

そこで、試して欲しいのが薬指を引っ張るというストレッチなんです。

薬指にはホルモンの分泌や自律神経の働きをつかさどっている三焦経(さんしょうけい)という経絡があります。簡単に言ってしまえば、ツボみたいなものです。

この三焦経というツボを刺激してあげることで、ホルモンや自律神経のバランスを整えさせる効果があり、勃起に効果的だと言うわけです。

ホルモンは男性の勃起の源である「男性ホルモンの分泌を促進」させて勃起力に効果を与えてくれ、自律神経のバランスは血液をスムーズに流し、精神的にも強く勃起ができるような環境を与えてくれる効果があります。

また、三焦経には勃起中枢をも刺激することにも繋がっているみたいです。

そして、三焦経は左右の薬指の左側を刺激することで、その効果があらゆる器官に伝わっていきます。

指の引っ張り方

写真-2015-09-15-15-34-01

肩や肘のちからを抜きます。

右手の親指、人差し指、中指で左手の薬指を包むように持ちます。

そして、薬指の両側面を右手の親指と人さ指の腹が」それぞれ当たるようにして、指の付け根からちょっと強めに引っ張ります。

感覚的には引っ張るというよりも、強くこするというイメージです。「ぐっ~」っと引っ張るよりも、割りとリズムカルに引っ張るのがコツみたいです。

で、この動作を1回につき3~4分位続けるみたいです。

一日に最低何回・・・何時間に1回といったペースなどはありませんが、少し時間があるのを見計らってやってみると1日に3回4回くらいはチャンスがあると思います。そういった身近な積み重ねを続けることで大きな効果が現れるようです。

ポイントとしては摩擦で少し暑くなるくらいみたいです。

自律神経の安定につながるので勃起だけじゃなく、不眠や緊張といった場合にも効果的みたいです。とにかく、リラックス効果があるみたいなので、勃起だけに限らず、健康のためにも良いということ!!

ぜひともチャレンジしてほしいですね!

関連記事

seikatusyuukann